×

media

メディア情報

'ボクスが帰って来た'でセホが廃校の危機に瀕した学校を救うために母のキム・ヨジンの不正を暴露
2019-02-04

[OSEN=キム・スヒョン記者 2019.1.30]

 

'ボクスが帰って来た'でセホが廃校の危機に瀕した学校を救うために母のキム・ヨジンの不正を暴露した。最終回を残すのみとなったなか, ユ・スンホがこの危機を救えるのか注目されている。

29日に放送されたSBS月火ドラマ'ボクスが帰って来た(演出 ハム・ジュンホ, 脚本 キム・ユンヨン)'でボクス(ユ・スンホ)に過ちを謝罪したセホ(クァク・ドンヨン)の姿が描かれた。

この日スジョン(チョ・ボア)は聴聞会の席で"カン・ボクスを愛しています, 恥ずべき人間ですがボクスを愛する気持ちに曇りはありません"と言った。聴聞会でボクスは"個人に対する復讐で学校に帰って来たのではありません"と学校全体の不正に寄って学生たちの夢と希望が失われていると非難した。

 

翌日セホはマスコミをユンで"カン・ボクス事件の被害者"と前置きしながら"今日初めて明かす真実, 僕は被害者でなく加害者"と告白した。セホは"9年前ボクスが屋上から押したという誤解で学校から追い出されたが僕自ら落ちたもの, 僕が嘘をついた" "どんな理由でも僕の行動が正当化できないことを知っている。カン・ボクスが簿の嘘で学校から追い出されたし現在までも多くの誤解とデマに苦しめられている。遅くなったが今からでも真実を明かすのはこの真実がより多くの人に伝わることを願っている"と言って頭を下げた。

家に戻ったボクスは自分が愛し, 自分を愛してくれる人と一緒に"これからも幸せになろう"と言って祝い酒を交わした。そしてスジョンと一緒に夜間デートに出て"胸のわだかまりで解けて気分"と言った。スジョンも"遅くなってしまったけど質すことができてよかった"と言い"セホも9年間ずっと公開したでしょう"と言った。ボクスはスジョンを抱きしめて"僕も君を愛している, 何があっても元気を出そう, 君のことが誇らしい"と言い, スジョンは"私はあなたのおかげで夢を見つけたのでこれからのあなたの夢を探そう"と言って微笑んだ。

パク先生は監査員としてソルソン高校を押収捜索した。続けて教育監査員としてソルソン高校を監督することになったがイム・セギョンは追い出そうとした。ボクスは学校の英雄になった。しかしスジョンが解雇されるのではと心配した。パク先生は校内放送を通して"騒動に動揺せず日常と同じように過ごすように"と学生たちの心を落ち着かせた。そして教務室に入り, 採用不正の教師たちに警告を送った。

スジョンも担当する教室に入り学生たちを呼び集めた。そして"私の不正を犯した教師"と口を開き"夢がないままただ勉強だけをしていた私ひとりの友人が先生という夢を与えてくれた。その友人のためにもそうしてはいけなかったのに, 正教師になりたくてお金を出した,その恥ずべく行動の責任を取るために教師をやめる"と淡々と伝えた。そして学生たちに"どんなことでもがんばればできるということを君たちが教えてくれた""これから多くの挫折の時間がやってくるたびに君たちはみんな花であることを思い出そう, 一度踏まれてもまた花を咲かせるトルコッ(野の花)"と伝え涙を流した。

パク先生が二持ちを整理するスジョンを訪ね"この間ご苦労だった"と慰めた。スジョンはパク先生に"進路相談をしてください""無職なので今は褒め言葉と激励が必要です"と言った。パク先生は"無職がどうした, 君の人生の1等は君自身なのだ"と激励しスジョンを抱きしめ慰労した。

 

クラスの生徒たちが荷物を持って去って行くスジョンを見送った。学生たちはスジョンに"先生も花です"と呼びかけた。
スジョンは学生たちに最後の微笑みを送ると, ボクスが現れ荷物を受け取って最後の見送りに加わった。続けて未来を心配するスジョンにボクスは"糟糠の妻として就職しろ"と甘い愛情を告げた。スジョンは祖母を訪ね"すっきりした。やっと何でもはじめるような気がする"と伝えた。スジョンはボクスの店に行って正装のアルバイトをはじめた。そしてボクスとティータイムを楽しみボクスはスジョンに"やっぱり君は先生が一番似合っている, また勉強をはじめてみてはどうか"と提案, スジョンは考え込んだ。

スジョンとボクスはニュースを通してソルソン高校の廃校危機を知ることになった。学校にも非常事態が起こった。ボクスはスジョンとギョンヒョン, ミンジと集まり廃校を防ぐための大作会議を開き, そこに学生たちも集まって来た。学生たちは"みんなの学校なのに, 私たちがやらなければ誰がする""私たちのやり方でなんでもやってみよう"と言った。学生たちは廃校反対の署名からはじめた。

 

ボクスはイム・セギョンと向きあった。ボクスは"廃坑は私たちの力で防いでみせる"と言い"学校はあなたのものではなく学生みんなのものだ"と言った。イム・セギョンは"廃坑にならないかも知れない"と言い"セホが私の代わりに拘束されれば廃坑申請は取り消すことにしてやった。本当に涙ぐまして犠牲"と言い,この事実を知ったボクスは調査を受けているセホに会いに行った。セホは"最初からこのすべては僕が行ったこと,すべての不正を行った主犯はイム・セギョンではなく僕だ"と嘘の陳述をし, その時ボクスが現れ"オ・セホ!"と叫んだ。果たしてボクスが危機に瀕したセホを救うことができるのか張り詰めた緊張感を残した。

いっぽう, 32部作で構成された'ボクスが帰って来た'は来週24日の最終回を控えている。

 

[写真] 'ボクスが帰って来た' 放送画面キャプチャー