×

media

メディア情報

‘ボクスが帰って来た’制服姿で軽くなったユ・スンホは正解だった[TV報告書]
2019-02-05

[NEWS ENイ・ミンジ記者 2019.2.4]

俳優ユ・スンホの演技変身が好評を博している。子役のイメージから抜け出すために重いテーマのドラマ, 重量感のある役を主に演じてきたユ・スンホは制服を着て一気に身軽になった。

SBS 月火ドラマ
‘ボクスが帰って来た’(脚本 キム・ユンヨン/演出 ハム・ジュンホ)の放送が終了する。‘ボクスが帰って来た’は校内暴力の加害者に仕立てられ退学させられた後人生が狂ってしまったカン・ボクスが大人になって復讐するために学校に帰って来るが, 復讐はおろか予期せぬ事件に巻き込まれる‘奇想天外で心温まる感性ロマンスドラマ。

ユ・スンホが演じたカン・ボクスが美男でケンカも強く性格もいいし高校生の時ソン・スジョン (チョ・ボア)と初々しい初恋を交わし幸せに暮らしていたが親友だったオ・セホ (クァク・ドンヨン)のせいで学校から退学させられ人生の奈落を経験した人物だった

校内暴力の加害者のレッテルを貼られ高校も卒業できなかった最悪の状況でもカン・ボクスは明るいエネルギーを失わなかった。再び帰って来た学校でソン・スジョンとまた恋を再開し, 成績至上主義に学生を追いやる学校に痛快な復讐をするビリケツヒーローとしてのキャラクターを立派に演じて見せた。

今回のドラマでユ・スンホはこれまで見せてきたキャラクターから完全に抜け出した姿を見せてくれた。

子役俳優として演技をはじめたユ・スンホは幼い頃から重みがありカリスマにあふれるキャラクターを主に演じてきた。しかしカン・ボクスを通して体を張ったコミカルな演技も立派に消化することができるということを立証した。

一気に身軽になったが視聴者をいっそうときめかせることができたのだ。ソン・スジョンとのロマンスでは少年のように純粋でいたずらっぽい一面を, 愛嬌のある姿から男らしさまでを兼ね備え視聴者をときめかせたのだ。最高に似合っている制服でビジュアルリーズを再度更新したとの評価を得ている。

'ボクスが帰って来た'はユ・スンホの演技変身を見る楽しみだけでも充分に観る価値のあったとの評価。さらに成績至上主義の学校を描き視聴者に考える余地を与え意外に重みのあるメッセージも加わった。

'ボクスが帰って来た'は惜しくも高い視聴率は記録することができなかったがパク・シニャン, シン・ハギュンが主人公を務めた地上波月火ドラマの戦争では僅差の数値を獲得しマニア層を集結させた。

いっぽう'ボクスが帰って来た' の後続作はチョン・イル, クォン・ユル, 故・荒主演の'ヘチ'(극본 脚本 キム・イヨン/演出 イ・ヨンソク)。'ヘチ'は賤しい宮婢を母に生まれた王子ヨンイングン(延礽君)イ・グム, 万年科挙の準備生パク・ムンス, 司憲府の熱血茶母ヨジ, 市場の希望の星であるやくざ者ダルムンが共に力を合わせついに大権力を手中に収める朝鮮の司憲府改革物語を描くドラマ。

 

(写真=SBS)