×

media

メディア情報

'ボクスが帰って来た'がソルソン高校の小さなヒーローユ・スンホの卒業式
2019-02-07

[スポーツ朝鮮 イ・スンミ記者 2019.2.5]

 

月火のお茶の間劇場を2ヶ月間熱くしたSBS 'ボクスが帰って来た'がソルソン高校の小さなヒーローユ・スンホの卒業式とチョ・ボアとのラブリーな卒業写真を最後に, 痛快, 愉快, 感動を与え大団円の幕を下ろした。

4日に放送された'ボクスが帰って来た' 最終回ではボクス(ユ・スンホ)-スジョン(チョ・ボア)がソルソン高校の人たちと力を合わせソルソン高校の廃校を阻止するためのデモに立ちあがるなか, 結局セホ(クァク・ドンヨン)が陳述を覆しセギョン(キム・ヨジン)が検察庁に連行されるという痛快なシーンが描かれた。ドラマでスジョンとソジョン (キム・ジェファ), そしてソルソン高校の教師たちは'廃校反対立て札'を掲げてデモに出た状況。いきり立つセギョンによって鑑定評価弾が監査を強行しようとする刹那, 学生と教師たちは腕を組み, 人間バリケードを作り"みんなの学校です! "と声をひとつにして叫び周囲を感動させた
 

続いてデモ隊の前に立ったボクスがセギョン向って黒いビニール袋のなかに入った紙吹雪をまき散らした後"学校は金で売り買いする企業じゃない。僕らみんなの人生の拠り所なんです!"と言い"花のような学生たちを踏みにじらないでください"と一喝した。この時検事が現れ拘束令状を差し出し取り乱しセギョンを連行し, その後に明かされたセギョンの人面獣心の行為と爆発的な国民請願によってソルソン高校の廃校は取り消された。わびしいがいっそう成熟したセホはパク先生 (チョン・ホジン)にソルソン高校の校長になってほしいと要請し, 立ち去るセホに会ったボクスはお前が憎かったというセホに"俺は絶対許さない"と拳を飛ばすが"それでもお前は, お前を許してやれ"という言葉でセホを慰めた。

1年後, 無事卒業することになったボクスは学生を代表して答辞を述べ10年ぶりに卒業することになった込み上げる思いと学校を守り抜いた仲間との忘れられない想い出を作れて幸せだったと語った。続いて殺伐とした世の中だけど僕たちを見守ってくれる人がたった一人でもいてくれたら人生を放棄してはいけないという言葉と共に"みなさんが何をしていても, どこにいても愛される資格が十分にある"という kリベンジ, すなわちカン・ボクスの名言を残して卒業式の最後を飾った。そして 4年後, 教育実習生になったボクス, 3度目の教師採用試験に挑戦したスジョンの姿と同時にそれぞれの居場所で情熱を発揮しているトゥルコッ班出身生徒たちの姿が流れた。その後並んで制服を着て朗らかな笑みを湛えて9年前に撮れなかった二人だけの卒業写真を撮るボクスとスジョンの姿がエンディングで流れ, 深い余韻を残した。このシーンは放送最高視聴率7.7%(ニールセンメディアリサーチ提供)を記録した。

最終回までお茶の間劇場に込み上げる感動とサイダーシャワーを届けた'ボクスが帰って来た'が残したものは何だったのかを整理してみた。

弾けるようなキム・ユンヨン作家のストーリー & 繊細なハム・ジュンホ監督のお演出力

'ボクスが帰って来た'は切なくも元気な, 初々しくて新鮮な感情が込み上げる初恋のストーリーと持っているものはないが堂々と生きる彼らが世間の偽善に向って叫ぶ痛烈な一針を描き出しこれまで見られなかった魅力満載の作品として反響を呼んだ。ドラマ初挑戦にもかかわらずキム・ユンヨン作家はその間ミュージカルと演劇の舞台で積み重ねてきた実力を発揮, 視聴者を時にときめかせ,時に感動させるストーリーとセリフを誕生させ, ハム・ジュンホ監督は繊細な感性が生き生きと弾ける演出力で'奇想天外で心温まるロマンス'の没入度を高めた。

ユ・スンホ-チョ・ボア-クァク・ドンヨン-キム。ドンヨン-パク・アイン, 若い血がたぎる主役たちの猛活躍!

'ボクスが帰って来た'はユ・スンホ-チョ・ボア-クァク・ドンヨン-キム。ドンヨン-パク・アインが繰り広げる'人生作更新の熱演'でさらに光り輝いた。5人衆はそれぞれのキャラクターに完璧になりきって, 一歩進んだ演技で, 視聴者の愛情を引き出した。ユ・スンホは初恋に対する純情派もちろん不義に対しては完全と立ちむかうソルソン高校の小さなヒーローカン・ボクス役を通して体を張った演技を見せ人生キャラクターの更新を立証した。人気俳優としての地位を確固たるものにしたチョ・ボアはファクト爆撃を飛ばす男勝りの性格を持つソン・スジョン役で初恋のイメージに新たな歴史を刻んだ。その間優しい男のイメージを見せてきたクァク・ドンヨンは劣等感に苛まれるオ・セホ役で180度変化した悪役に挑戦,演技のスペクトラムを広げ演技力を認められた。キム・ドンヨンは以前には見られなかった図々しくも味わいの深い演技で視聴者の笑いを一身に担い, パク・アインはドラマでカン・ボクスの憎めないストーカーヤン・ミンジ役でラブリーな魅力を発散しお茶の間劇場に深い印象を残した。

社会の私学不正に警告! するどい一針と思いメッセージ

'ボクスが帰って来た'はドラマの前半でボクスとスジョンのロマンスでトキメキ指数を高めたとすれば, 中盤以降はボクスがソルソン高校の私学不正に立ちむかい真の復讐'を繰り広げるストーリーで緊張感を爆発させた。実際にこの社会で問題になった私学不正を素材に, 国家の財政支援を90% 受ける私学財団の私有化主張に対して立て続けに一撃を加え視線を集中させた。特にボクスとスジョン, パク先生チョン・ホジン)は"学校は私のもの"と叫ぶ私学不意世の主軸セギョン, セホと対立軸を作ったまま鋭い一針を投げつけ視聴者を痛快にさせた。また自分を追い出した学校に復讐するために帰ってきたが, 自身と学生たちの想い出が詰まった学校が主人と称する者たちによって歪んでいくのを防ぐため孤軍奮闘するボクスが'学校は誰のものでもない学生のものと語るシーンはその間不正に敢えて目をつぶって来た社会を覚醒させ, 強い響きを与えた。

制作サイドは"昨年の12月から32話最終回まで見守ってくれて惜しみない関心と応援を送ってくれた視聴者のみなさん, また作品のため最善を尽くしてくれた俳優とスタッフに感謝のあいさつを送る""'ボクスが帰って来た'が伝えて奇想天外であたたかいトキメキと痛快で愉快なメッセージが視聴者の心の中に末永く残されれば幸いです"と伝えた。